テーマ_PC テーマ_スマホ

センター長ごあいさつ

センター長ごあいさつ

 平成26年4月1日より群馬大学医学部附属病院 腫瘍センター内に緩和ケアセンターが設置されました。これは、厚生労働省がん対策推進基本計画に基づき、「患者の痛みを汲み上げ確実に緩和ケアへつなげる仕組み」として、設置したものです。この計画では、従来からの緩和ケアチームや緩和ケア外来の運営に加え、院内外関係部署・機関との連携、緊急緩和ケア病床の確保が緩和ケアセンターの役割と位置付けられています。当院では、この趣旨に則った規約の制定や人員の配置を行い、業務内容の拡大・改変を実施しています。

 これまでも群馬大学医学部附属病院緩和ケアチームでは、がんの痛みに苦しむ患者さんに対する緩和診療、非がん性慢性疼痛の診療やリハビリテーションに積極的に取り組んで参りました。特に、緩和診療において接する患者さん並びにご家族には、伴に過ごす時間をより充実して過ごして頂くための療養プランを検討しております。医師・看護師の医療支援チームによる、「なごみサロン」開催、屋外活動時の医療支援などにも継続的に取り組んでいます。

緩和ケアセンター長 齋藤 繁

 

緩和ケアセンターの業務内容(例)
○チームによる緩和ケアの実践(看護師等による定期的入院訪室とチームによる検討会実施)
○緩和ケア外来の定期開設(ペインクリニック外来と併設)
○緩和ケア対象患者さんの入院病床確保
○がん看護外来、がん診療科外来ラウンド、がん診療部署看護カンファレンスの定期開催
○患者さんならびにその家族、遺族からのがん相談対応
○地域の連携医療機関との情報共有

ページトップへ