テーマ

新たな治療法の確立と安心して
がん薬物療法が受けられる環境

当院の治療

がんに対する治療法として、手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん薬治療)があります。化学療法は、体にできたがん細胞を抗がん薬で攻撃する療法です。 がんの種類によって、化学療法のみで治癒をめざす場合(血液のがんなど)、これらの治療法を組み合わせた「集学的治療法」を行う場合など、それぞれの病気や状態によって、最も効果がある方法を選んで行います。 当院の外来患者さんが化学療法を実施する場合、外来化学療法センターで行っています。

特徴・目的

最近のがん化学療法(抗がん薬治療)の進歩には目覚ましいものがあります。新規抗がん薬、がん細胞だけに効く分子標的薬の登場により、以前では考えられないくらいの延命が可能となり、一部のがんでは完全に治すこともできるようになってきました。高い治療効果を得るためには、治療効果がもっとも期待できる標準治療を正しく実施し、副作用を最小限に抑えることが大切です。

一方、患者の皆さんにできるだけご自宅で過ごしていただきながら治療を進めるため、現在では多くのがん化学療法は外来通院で行うようになりました。 当院外来化学療法センターでは、皆さんが安心してがん薬物療法が受けられるよう努力するとともに、新たな治療法の確立、標準治療の改善も合わせて行っていきたいと考えています。

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

ページトップへ