テーマ_PC テーマ_スマホ

スタッフからのメッセージ

スタッフからのメッセージ

身体症状を担当する医師

がんの痛みや体の苦しみは大部分が解決できます。がんの治療中でも構いません。むしろ、苦痛なく治療を受けたいとは思いませんか?あなたの笑顔を大切な人に見せてあげませんか?何の心配もいりません。当病院の緩和ケアチームはあなたが治療を受けている病棟までお伺いします。一緒に痛みや体の苦痛に対して一番良いと思える方法を考えていきましょう。

精神症状を担当する医師

がんなどのつらい病気にかかると、病気の症状もさることながら、気持ちのつらさも出てきてしまうことがよくあるようです。療養や生活上で感じる不安や悩みといった、誰にでもおこるような「気持ちのつらさ」から、「睡眠障害」「うつ病」や「意識障害」という精神的な症状まで、臨床心理士や看護師、その他のスタッフや主治医のチームと協力して、幅広く患者さんやご家族の「こころのケア」をしていきます。

看護師

ご病気になると以前と同じように生活することが難しくなります。その悩みや心配に対して一緒に考え、乗り越えていけるように、患者さんとご家族をサポートすることが私の役割です。過去・現在・未来におけるつらさや気がかりなことについて、お話をじっくりと伺います。その中から一緒に希望や目標をみつけていきましょう。また、散歩やマッサージなど気分転換や安楽への援助も希望に応じて行っています。

薬剤師

緩和ケアチームの一員として、他の職種のチームメンバーと連携を取りながら活動しています。薬剤師の視点からお薬の効果・副作用などの評価や治療のサポートを行い、有効、かつ安全な薬物療法が行われていくよう関わらせていただきます。お薬のことで何か分からないことや不安なことなどありましたらお声をお掛けください。

管理栄養士

食欲不振などの食事に関する問題のある方には、管理栄養士が訪問して患者さんのニーズに沿った食事が提供できるよう対応させていただいています。

その他のメンバー

医療ソーシャルワーカー、臨床心理士、理学療法士などがおります。各病棟にはがん看護リンクナースが配置され緩和ケアチームと協力し病棟での緩和ケアを実践しています。また、緩和ケアチームは患者支援センターと連携してサポートしています。

ページトップへ